2008年04月04日

ポイペトカジノ実戦記その2

覚書の記事の上書きですが、ポイペトカジノ二戦目(ブログを始めてから)です。

今回も馴染みのトロピカーナからスタート。前回と同じようにビュッフェクーポンの4000バーツ+16000バーツ分のチップを購入。そして前回と同じようにブラックジャックに着席。

いつものようにカウンティングを利用して打っていると、客チェック係らしき人物がディーラーに何やらボソっと・・・。いや、もろ聞こえています。

「こいつ何バーツベースで賭けてるの?」
「基本的に200バーツですけどたまに上がります」
「注意しろよ」

なんかそんな感じの事を喋ってました。追い出し喰らっても気分が悪いのでそこからベットを不定期で1000バーツぐらいに上げつつカウンティングで良い時は2000バーツまで上げる方針に変更。見事(?)ディーラーもチェック係も煙に巻くことに成功したのですが、結局4000バーツ浮きで飽きて終了。

その後は1.5%プロフィットのローリングを使い、バカラでその10000バーツを10%法で賭けてみるとこれがどういうわけか大連勝。瞬時にして更に44000バーツの浮きをget。私は基本的に罫線の類を信じないので、スコアを見ることはありません。スコア大好きのタイ人からは、そんな私は「神だ」みたいな目で見られていました。

帰りのバス時間も近くなってきたので、遊ぶつもりで「ホリデイポイペト」に移動。そこでは2000バーツ賭けベースでバカラを打ったのですが、これがまた連勝です。更に15000バーツ浮きました。

結局この日だけで63000バーツの大勝です。

ランドカジノ総合 +B94500
オンラインカジノ総合 +$413
(ブログを立ち上げてからの総計)
posted by 尻が四つに!! at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | リアルカジノ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リゾート地の活性化はカジノも一つの選択肢ではありますがどうでしょうか?
Posted by 田舎暮らしファン at 2008年04月04日 23:20
>田舎暮らしファンさん

勿論アリだと思います。
ただ、ポイペトに限ってはリゾートでもなんでもない(カジノと犯罪の町)ので参考にならないかもしれませんね。
Posted by 腐りきったのび犬 at 2008年04月08日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。